barican

Fredelica presents 「喧騒第六回」

Twitterで書くのもアレだし、なんとなく興がのったので久しぶりに。じわじわくるロス感の整理にもなるかなと。

結論からいうと、何はともあれ無事?ライブが出来てよかった!!!散々、周りのみんなにはその安堵具合をしつこく伝えたけど、ホント家で目が覚めた瞬間は絶望しかなくカイジのグニャリみたいな感じした。だいたい起きたらどれくらい寝たかみたいなの感覚で分かると思うんすけど、余裕でライブ終わってる気配しかしなくて、なんというかもうホント今すぐここで首吊るしかないみたいな感じした。なんのこっちゃって感じだとは思うんすけど。週末だしとにかく安パイ切って家で大人しくしてたり、正直フードの仕込みとかやることもバリバリあったけど、もう飲んじゃったら歯止めが全く効かなくてどうやって帰ってきたのかも分からんぐらいに酩酊した訳で。気になった方はコンビニゲームっていう闇のゲームがあるんで話題の漫画村で遊戯王の6巻あたり読み返してみて下さい。城之内死す。

3/24(土)はurghのりゅうへいこと a.k.a ガースーが東京に疲れたから地元帰ってチルするわってことで、とりあえず世話になったし最後にツラ拝んどくかのラスト?ギグへ。北千住でマーシーとカッちんぽのMEKARE-KAREと孤高の童貞ザキミヤがすごい顔とゴイスーな柄物タイツを履き上半身と下半身のギャップを演出してドラム叩いてたPrince RainbowのA.E.P #66(ギリサタニック回)はやっぱ前にbaricanで出た時にも思ったけど、イイ感じした!MEKARE-KAREは間に合わなかったけど、urghもA.E.Pクルー招いての最速を連発でやってたりガースーもマジラスト感若干演出しつつ、メンバーと高まってて良かったな~。個人的にライブ中、フロアの様子伺ってるコースケさんと目が合うのだけは気まずかったけど。クソほど盛り上がってたんで、この後に2バンド残ってっけど大丈夫か?的なのも完全に杞憂で、ロサンゼルスから来てたMedia Jewelerも衝撃受けたE.D. Sedgwickを思い出すライブ感でカマしにきてたし、Prince Rainbowもギタボ氏泥酔で破滅的ではあったけどニッシークソ推しなのも分かる片鱗を確かに感じれたしで、みんなクソほど純粋だし野暮なモンがゼロで何か嬉しかった。打ち上げもブレンダン・キャンティそっくりのMJベースのトムとurghアキタくんと拙い英語で会話しつつやりきり、りゅうへいを日暮里で降ろしそびれ中野で見送ってから、マブと2マソの闇のゲーム開催。高円寺のコンビニでお互い酩酊が深くなってきてそろそろやべぇだろってことで解散、中野でブチ込んだ博多風龍が青梅街道の植裁に撒かれたところで意識消失。翌日、携帯みたらXTCのOranges & Lemons聴いてました。King For A DayとHold Me My Daddyが推し曲。父親に抱きしめて欲しいとかひとつも思わんけど、途中のサラッと差し込まれるリフっぺぇアルペジオが至高。



そして、迎えた翌日3/25(日)はFredelicaのLook At Momentレコ発企画 at 初台WALLな訳ですが、そこで最初に書いた話になる訳で。ストーリー的にはシグルイ方式です。こんなクソブログで名前出すこともおこがましいレベルに最高なので、読んだことない方は漫喫行って読んで下さい。漫画版54-71。無慈悲かつ無情。とにかく虎眼のギャップは異常。種ぇ~。ニッシーとFredelicaのみんながくれた鬼電に気づいてとりあえずLINEで即謝罪、みんな謝罪スルー a.k.a キレシカトからのチャリンコで初台"オッシャレッツ"ゴーで何とかOPENチョイ過ぎぐらいにWALLへインベーダー。まずは関係者への土下座もそこそこにポカリを買いに行くもサンクスのトイレでチョイゲロかまして、マジでライブ大丈夫か…?と不安になるも前日にそこそこギターを触っていたこともあり(故に前日北千住遅刻)、指先の感覚は問題なし。むしろ、酔っ払ってて肩の力も抜けて酔拳状態。安心しつつ、早速ライブも始まりFredelicaが相変わらず東京でやる時のガチャガチャ感は否めないけどイイっすね~な感じで高まる。最初にlangとのツアーもとい、だだの旅行で行った郡山で聴いた時から思ったけど松井一代(仮)はホント名曲過ぎてガチ。あのバーニング感って個人的にI Excuseを彷彿とさせてくれる。そして、アキオくんこと藤岡、とライブ前のリラックスなひとときを楽しみつつ(イェン・ツー・スマソ)、彼も前日朝5時まで酒飲んでた話を聞いてつくづく自分ホントすんませんからのライブ。まぁ、ミスもそれなりにあったし、アンプも死んでてボリュームとゲインをまさかのフルテンで常にツォンツォンなサウンドにはなってしまいつつも、大切なのはそういうことじゃねーっしょのグルーヴでャマンと藤岡、で楽しんでやれました。baricanやってた時には絶対思えなかったとこにいけた気がして、やれてよかったなと心から思う。爆音とかこだわりの機材とか伴侶とかそういうの全部捨てて(捨てられて笑)、改めてギターに向き合う機会をくれたGGに多謝。削ぎ落としの美学。小さな頃に座右の銘をシンプルイズベストにしていた自分を褒めたい。今は大器晩成。足し算よりもやっぱ引き算が難しいし大切なんすよ。練習で言ってた藤岡、の「15分以内は遅刻に入らない」という至言もしっかりと胸に刻まれてるし、当日練はホント行けずですんませんでした。

PDSはSKDの音についてナオが「イイよね~顔見るとアレだけど」って言ってることに意外とそういう音の好みとかあるんだと若干戸惑いつつ適当に同意しておきました。今思えば前にも言ってた気がする。langもスペイン帰り感演出しまくってて良き。太郎の彼女(はるか♀23歳)ついて煽れなかったことが個人的に唯一悔やまれる。ロリコンか?めでてぇなこのヤロー(祝)。正直最後の曲はなげーなとも思ったのが本心。arikarikaは自分らのNINE SPICESでやった企画以来だったけど、コータが懐かしのシンライン持ってきてて個人的にアガる。iro ep大好き芸人としてはコータはやっぱあのシンラインなんだよな~。キスウのアルペジオから展開するとこのトゥルトゥルな手癖っぽいフレーズを久しぶりに聴いてヴェルタース・オリジナル。そして、トリのLAMは正直uzurin2018さんが無双し過ぎてておいおい状態(グラップラー)だし、やっぱり色々経てきたモンがバンドとしてイイ感じに熟成されてきてるのを目のあたりする。アンコールはいつもの早い至高の名曲でキッチリ締めてました。打ち上げは空きっ腹にいれた酒で終始気持ち悪く、ゲロ吐くかうなだれてるかでFIX。イコールアイアムクソ。皆さまソーリー。

うんとまぁですね、つまり何が言いたいかというと小谷美紗子氏「night」に収録のFaint odorはクソほど名曲過ぎて西野カナになっちまうってことなんですよ。メロディもクソほどヤバいけど歌詞がヤベぇな。日本人に生まれてよかったー!!!ってレベルで感動すんわ。前にcanaria / 屠蘇の山ちゃんがオススメしてくれたんすけど何年も寝かした?分、こんなに沁みることあんのかレベル。もうホントにエモが~とか90'sが~とかそういう膿みたいな思考を蹴散らしてくれる。NINE DAYS WONDER「WITH EUPHORIA」も改めて最高だなと思う今日この頃。ぶっちぎりの断然で2nd派っすね自分は。

脱線したすけど、なんつうか形は変われど同窓会みてぇな気持ちで集まれるイベントがあるっていうのはいいもんだな~と。帰りはいっぺー、ナオ、ご無沙汰のくるちゃんと武道家でセイした後、阿佐ヶ谷までくるちゃんと歩いて帰ったのもRDS入りたてで大雪の日に2人で歩いて帰ったぶりでよかった。タイムマシーン。愚痴は多くなってたけど、それもまぁ悪くない。何はともあれLAMの今ツアーが無事に、そして実りあるものになりますように。

,2018,03/25(Sun)LAM
スポンサーサイト
  1. 2018/03/26(月) 20:40:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

sunday documentインタビュー

企画直前!sunday documentのVo/Gu、古田さんに勝手な思いつきで電撃インタビュー!!

インタビューのやりとりは計5日におよび、新年度で多忙な中、快く受けてくれた古田さんをむしばむ謎な質問の数々!インタビューというのもおこがましい企画者の未熟さゆえ、音楽的要素の充実さは皆無!自分でもまぁよくこんな力量でインタビューしようと思ったなと遺憾!正直、付き合いの日も浅い中、あれこれと付き合わせてしまった古田さん、本当にすいませんでした!!!では以降、古田さんの休日を消化して紡ぐ悲哀の一部始終、心して読め!

sunday document

バンドを始めようと思ったきっかけは?

古田結真(sunday document:Vo/Gu) 僕とはーくん(sunday document:Ds)がやってたgrooveesというバンドの活動が止まって、僕はcarib jamsというバンドでギターを弾いてたんですが、やっぱり歌いたいなーって考えてて、ちょうどそのタイミングで、盟友であるWEIRDのヨウジ(sunday document:Gu)がギター弾くバンドがしたい!って言ってたんで、じゃあやるか!ってことでゆるいノリで始まりました。始まったと言ってもそれぞれバンドもあるし、飲んだ時のノリで話してた事がほとんどなんでしばらく放置状態。しばらくしてからcarib jamsの解散が決まって、いよいよどうしよー?ってなって考えた時に、ヨウジはドラムははーくんがいい!って言うのでお願いしたらわりとあっさりオッケーで、じゃあ次はベースやなってなって色々探したんですが、なぜか色気付いてきてキーボード入りのバンドやった事ないからキーボード入れてみる?とか迷走した結果、難航しました。あーだこーだ言ってたんですが、結局みんな大した技術もないんやし、色々拘らずに一緒にいて楽しい人にしよう!ってなりました。その結果、carib jamsの解散ライブに来てくれたOG(sunday document:Ba)に声をかけて、2週間後くらいにみんなで四国にうどん食いに行って、結構グルーヴ出てたんでこの4人で始まりました。ただOGはベースなんてやった事なくて、僕以外みんなドラム出身というとんでもなくバランスの悪い感じになりましたが。僕のベースを貸して、特訓して、そこからは今とあんまり変わってないです。





もっと遡ると古田さんはなぜバンドを?

中学の時に隣の中学校でガンガン活動してたstrangerってバンドがいたんですけど、その影響や先輩達のバンドマンに憧れてたメンバーに誘ってもらって、バンド人生がスタートしました。といっても僕自身は音楽聴くのはすごい好きでしたが、まったくバンドを組むなんて発想はなくて、親父がギターをしてたんですが、それも興味はなくて。遠足かなんかでバスでカラオケしたんすけど、歌がそこそこ歌えるってことで、ちょうどボーカルを探してたメンバーに誘ってもらって引き込まれた感じですかね。最初はコピーバンドをしようとなったんですが、メンバーの演奏技術が全然足りなくて。ボーカルってみんなが練習してる間すごいヒマで。とにかくみんなで合わせて、歌いたかったんでスリーコードくらいでやれる曲を作ってみたら案外楽しいなってなって。バンド人生初期からオリジナル曲でスタート、かつ曲を作るようになってしまいました。

stranger(笑)良いバンド名ですね!どんな音楽性だったんですか?

strangerですか?ぼくらですか?

どちらもお願いします!

strangerは青春パンクとかoiパンクとか色々混ざったポップスをやってましたね。当時はNHKのテレビに出たり結構注目されてたと思います。僕らも彼らにモロに影響を受けて青春パンクをやってました。

NHK!!それはスゴい!青春パンク、自分はちっとも通ってないんですが、当時、古田さんは地元で結構ブイブイいわしてたみたいですね?とある筋からリークがありまして。

僕らの世代ではstrangerがカリスマ的な存在だったので、そこを意識して頑張ってました。自分達でイベントして、といってもライブハウスだけじゃなく会館借りて、ステージ組んだりDIYなこともやってましたね。高3の頃には僕はeastern youthやブッチャーズなどの札幌の音や、get up kidsが好きだったんで、当時のバンドの音楽性には飽きてきていたんですが。

自分達の居場所は自分達で作る。それって個人的にはバンド活動の理想だと思っています。そこに至るきっかけは先輩の姿を見て?

僕らは良い先輩達に育ててもらってたので、地元のsound rattってハコがメインでしたが、同世代で企画をするときは、DIYスタイルでした。僕らが最初か誰がやり出したのかははっきり覚えてないですが、田舎だったせいか自由にやれる大きな場所がなかったために自然に辿り着いた形だったのかなと今は思います。

ちなみに当時、その場で受けた衝撃が音楽活動の原点というカレン・ジョンソン a.k.a 仲野哲史という男はご存知ですか?

顔を見れば分かるかもしれないんですが…。すみません!けどあの当時だからできた思っきり遊び倒してた風景から、少なからず影響を受けた人がいてることが嬉しいです。お会いしたい!

ドンマイ、カレン!古田さんは今おいくつなんでしょう?

聞いたことある気がする!僕は昭和58年生まれの33歳です。

脈絡ゼロですが、歌詞スゴい好きなんです。

ホントに脈絡ゼロですね(笑)歌詞ほめてもらうの素直に嬉しいです!

部屋で体育座りしてウダウダして、でも前向かなきゃ…でもな…みたいな。

誰でもそういう時ありますよね。大体のことは俯瞰してみると、一進一退っていうか。ほとんど進んでないですよね。けど、色んな刺激や出来事の中で前向きになったり後ろ向きになったりして。一歩踏み出さなきゃっていう。そんな日常をなるべく描くようにしてます。

中でもcage(今作2曲目)が個人的な推し曲なんですけど「ライフイズビューティフル」って歌詞、正直相当皮肉ですよね?

そうですね。完全に皮肉で使ってます。

やっぱり!実はかなり元気もらってます。

元気もらえます?けど、それは良かったです。

日々の鬱憤がスゴいんですか?

そんなことはないですよ(笑)ただ鬱憤マックスの時に書くこと多いですね。

今のお仕事は?

学校の先生です。

え!!実はガンバレ哲史もですよ(笑)何か感動しました。

そうなんですか!なんかホンマにスゴイっすね。

教科は何の担当なんですか?

中学の技術と高校の情報です。

学校の先生って大変みたいですね?ただでさえやること多いのに、部活動も面倒見たりしなくちゃいけないとか。技術とか情報の担当だと、授業中にPCでエロサイト見てるヤツとかいっぱいいそうですね。

めちゃくちゃ大変ですよ!急な案件とか入るし、予定立てにくいこともあります。ただ僕の学校は女子校なんで、エロサイトは比較的心配ないですね(笑)

女子校!!いいなぁ~!でも、それはそれで男の先生は大変そうですね(笑)やっぱり思わせぶりな生徒とかいたりします?

全然よくないです(笑)生徒とはぶっとい線をビシッと引いてるので、ややこいのはないようにしてます。

かっこいい!でも、ぶっちゃけると…?

掘り下げたことはご想像にお任せします。

んもぅ、いけず!!それじゃ、話をバンドに戻しますが、バンド名はどこから?個人的には日曜昼間にフジテレビでやっているザ・ノンフィクションに感銘を受けてだと思ってるんですが。

参考)ザ・ノンフィクション

勘ぐってくださって、ええ感じの由来を考えていただきありがとうございます。中島さん案の方が良いですね。ホントに特別な根拠はなくて、日曜日にうだうだ楽しくやろうぜという意味を込めて、日曜日の記録ってことでsunday documentになりました。

なるほど!sunday documentのルーツはどこにあるんでしょう?

どうなんでしょう?最初はsundayの部分を他の曜日に変えて、ダブとかエレクトロとか楽器まで変えちゃって色々やるの面白いなーって話してましたが、技術がないので。だからあえて何も決めずに、自分達が楽しいことやろうってだけなんですよね。ただ自分達が聴いてきた音楽が根幹にはあると思うので、ルーツといえばそこなのかなと思います。

メンバー間の仲は?

メンバーの仲はめちゃくちゃ良いですね!そこが一番ウリのバンドです(笑)

うんうん、それはいいですねぇ…(沁)では、今注目しているバンドは?

この前出た音源が最高すぎる重鎮Convex Levelですね。飛び抜けてます。あとは札幌のDon Karnage、愛媛のTURNCOAT、まだ見たことない岡山のTHE NOUP、一夜復活の名古屋all outですね。

そのチョイス、分かるなぁ。では、バンド活動で大切にしてることは?

やりたいことをやる。楽しいと思えることだけする。今はこの2つに尽きます。

素晴らしい。今作のRECであった思い出やエピソードを教えて下さい。

まずRECに至るまでに5年かかりましたから、感慨深いです。メンバーそれぞれ結婚や、子供、転勤、引越しなどで生活環境の変化が大きく変わった5年だったので。REC自体は録り自体は1日でサクッと終わって、今回はミックスはギターのヨウジが全てやってくれたので、そこは時間をかけて納得できるように頑張りました。今回は今までと違うことにもチャレンジということで、ジャケットを友達の画家にお願いしたり、マスタリングも友達のバンドマンにお願いしたりしました。

制作にあたってのテーマ等はありました?

前作から5年も経ったので、テーマも何も既存曲を残すことがメインでした。次回作はテーマなどを決めてみたいですね。

今作で好きな1曲を選ぶとしたら?

結構難産だったmirrorですかね。僕らの曲って僕がほぼほぼ作ったやつを共有して色付けするのがほとんどなんですけど、mirrorだけは色んなパターンを試して試行錯誤したので、良い構成になったなぁ。と改めて思います。

これまでの活動で1番よかったと思うことは?

こうして音源出してツアーができてる今ですね!

素敵!逆に大変だったことといえば?

特にないんやけど、しいてあげるならOGが名古屋に引越した時と、はーくんが福知山に引越した時ですかね。

遠距離バンドなんですか?

そうですねー。僕が関空の近く、ヨウジが大阪市内、はーくんが福知山、OGが名古屋です。結構な距離感です。

それじゃ、スタジオは月1~2集まれればいいぐらいな感じで?

月1集まれば良い方ですね。ただ全然集まらない時もあれば、詰めて集まる時もあるので、平均すると月1って感じですね。

モチベーションとかってどういうに保っています?メンバー全員バラバラの遠距離バンドって自分はあまり想像できなくて。

次のライブやったり、曲作りだったりがモチベーションになってますが、仲良いので久しぶりに会えるって楽しみ感もあります。それぞれの環境からすると、詰めすぎないペースの方が返ってモチベーションを保ててるのかもしれません。

いいなぁ~(沁)だいぶsunday documentというバンドは愛に溢れてますね。

始まりが音楽性とか度外視してますからね。今の僕らには、なんだかんだ一緒に飲んで、アホなこと言えるのが一番ですかね。

う~ん、マンダム。古田さんは大切なことしか言わないですね。では、最後に今企画にあたって意気込みをお願いします!

中島さんの尽力に恩返しできるように、今の僕たちの全部を出せたらと思います。とにかく純粋に楽しみすぎるので、宜しくお願いします!

こちらこそです!ありがとうございました!!



2017年4月15日(土)
at 西荻窪FLAT
極右 presents「sunday document "over hedge" Release Party」

出演
sunday document (京都) /
Goodbye Gangsters /
who cares /
DAWN /

OPEN 18:30 / START 19:00
ADV ¥1,000 / DOOR ¥1,400 (+1drink)

bandcamp
https://sundaydocument.bandcamp.com/

バンド情報
https://sundaydocument.wordpress.com/


20170415

【おまけのセルフインタビュー】

何で極右なんですか?

〇〇〇ンズ解散ライブの打ち上げ2?3?次会の会場移動時に一緒に行動した〇〇ズ〇〇ドの某ギター氏に「お前はアレだな、ネトウヨだな!」と小生のマッチョイズムが過ぎるということから政治的話題、主張一切なしの会話の中で指摘され、その後、某スーパースター集団のリードギター氏が参加のグループLINEで上記の話題を誇張し「極右」とイジりだしたことが発端。その為、実はいたってノンポリ。それも恥ずかしいぐらいの。むしろ政治的主張とかしていきたい。

今回の企画名は?

企画構想当初から告知段階まで良い案がなかった為、無難にリリースパーティという名目のみでいきましたが、今つけるなら「溌剌」とか「ハツラツ」とか「オロナミンC」とかですかね。

ところで、baricanはどうなってるんですか?

Like a 矢吹丈。今、何が矢吹丈だよ(失笑)って思いましたね?皆さんが「あ~そんなバンドいたね(笑)」な頃に何かしらアナウンスできれば。

  1. 2017/04/11(火) 04:39:30|
  2. interview
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

without haste without rest

whwr.jpg

タイトル : without haste without rest
フォーマット : CD
発売日 : 2014年10月25日
価格 : 800円(税込)

収録曲 :
1. 靴紐を結んだら / after tying my shoelaces
2. 秒針 / second hand
3. 黄色い街灯 / amber streetlamp
4. 生年 / do what i can



限定300枚です。

特にどこかへ卸す予定等もありません。
是非ライブ会場にてお買い求め下さい。

通販希望の方はこちらまで
ntmry413@yahoo.co.jp

企画を明後日に控え、ありがちな焦りはなく、これまで様々なことに追われていたこともあり、一段落し落ち着いています。
それでは、西荻窪FLATでお待ちしていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
  1. 2014/10/23(木) 21:10:21|
  2. merchandise
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

barican presents 「FLAT3」

結成から早3年。だいぶ時間が経ち、遅くなってしまいましたが、初めての作品を出します。

2014,10/25(土)
at 西荻窪FLAT
barican presents 「FLAT3」

w)birth(山梨) /
東京スーパースターズ /
lang /

open 16:30/start 17:00
adv \1,400/door \1,900

:::::当日に関して:::::
1)全バンド40分のロングセット
2)来場者限定配布のファンジンあり
3)フライヤー持参の方のみの特典あり

チケット予約はこちらまで
ntmry413@yahoo.co.jp
※氏名、ご連絡先、チケット枚数を明記の上、ご連絡をお願い致します。

FLAT3.jpg

birth


東京スーパースターズ


lang


作品のアナウンス等は後ほど。
では、宜しくお願い致します。
  1. 2014/09/04(木) 20:05:25|
  2. schedule
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

video

at 西荻窪FLAT
  1. 2014/08/01(金) 07:11:44|
  2. video
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ